切文字

切文字について

切文字とは、金属・アルミ複合板・アクリル・カルプなどの素材を自由な形に切り抜いた看板のことです。文字の厚みは3ミリや5ミリを使用することが多いです。また文字を浮かせて取付することで文字により立体感を出すことができます。もちろん好みのカラーを塗装をすることも可能です。
このような切文字看板には、様々な素材や特徴があります。例えば、お手頃なプラスチック系なら金額はお手頃、ただし耐光性はあまり高くありません。一方で、初期コストは掛かるものの、年月が経っても美観を保つことができる金属系の切文字があります。ちなみによく使用されるのはステンレスです。高い耐久性があり経年劣化も少ないことから、半永久的に看板の役割をしっかりと果たしてくれます。壁面に直に設置すること、壁面から浮かせて設置すること、どちらも可能です。スタイリッシュなサインにすることができます。

 

 


 

PRODUCTION FLOW

製作の流れ

池田看板では、打ち合わせから納品・施工まで一貫して行います。

 

 

TOP